優良投資顧問と悪徳投資顧問の真実

投資顧問に騙されないために知っておくべきポイントを紹介

優良投資顧問の条件

      2016/10/11

投資顧問の利用によって資産が増えるか減るかはもちろん様々な条件がありますが、資産の増減をもっとも左右するものとしては選んだ会社が優良投資顧問であるか、そうではないかという点ではないでしょうか。

投資活動は自己責任というのが原則なので、成績の芳しくない投資顧問会社に資産を預けてしまい、大損をしたなどと言って場合でも、投資顧問会社に損失の請求などはできません。

ですの、優良投資顧問を選ぶことが何より重要になるのです。

一口に投資顧問と言っても、それぞれに専門分野があり、デイトレードを得意とする会社、長期投資向けの知識が豊富な会社、仕手筋などの業界情報に詳しい会社など色々あります。

年金問題などで老後の不安を抱える昨今では投資の専門家である投資顧問に相談をする方が増えてきていますが、それに伴って悪質な投資顧問会社もまた急増しているため、選択の際には注意が必要になってきました。

悪質な投資顧問を避け優良投資顧問会社を見わける条件としては、まずその会社のサービスがしっかりと金融商品取引法に則ったもので会社自体も金融庁へ金融商品取引業者として登録しているかどうかが重要です。

そして次に、その会社で投資関連のコラムの掲載をしたり、無料での銘柄相談などの無料で利用できるサービスを行っているかという点も優良投資顧問会社であるかどうかの判断基準になりえます。

それと電話での相談を受け付けているかどうかという点も判断基準としての大きなポイントになります。

メールでの相談のみ受け付けている投資顧問会社などもあるのですが、メールでは返答までに時間がかかる上に、直接会話ができる電話と違って、相手が本当に投資の専門家であるか判断しづらいので電話での相談が重要になるわけです。

投資顧問の評判・評価をチェック

 - 投資顧問 ,